はじめてのmixi練習

mixiソフトテニス練習

今年の8月から10年以上ぶりにソフトテニスを再開するにあたって、少し前から練習場所を求めてあれこれとネットで情報を探し回っていました。

ただ、なかなか見つからずに、結局自分で練習会を立ち上げたのは、以前にもブログに書いたとおりです。

 

過去記事:武蔵小杉ソフトテニス練習会
http://softtennis-navi.com/blog/2016/09/0910musako_community/

 

今回、それとは別にmixiで募集されていた練習会にはじめて参加させていただきました。

「ソフトテニスラバーズ」というmixi上のコミュニティで、なんと3,000人近い人が参加メンバーとして登録しています。

このコミュニティでは、おのおのがクラブの部員や練習相手を募集しています。

そのなかで、川崎市で練習メンバーを募集している方にご連絡し、ご一緒させていただきました。

 

主催者のもんちさん(mixiアカウント名)は、数年前から継続的にこのコミュニティ内でメンバーを募集して川崎市の富士見公園コートを中心に練習されているそうです。

もっと前から知っていれば、絶対参加していたのにっ!

自宅から富士見公園コートまでは、頑張れば自転車で行ける距離です。

 

平日ナイターなので、なかなか人数が集まらずに開催されない場合もあるようですが、この日は7名が集まり、楽しく練習させていただきました。

なかにはあきる野市から練習に来たというツワモノも。

やはり、きっかけさえあれば練習したいソフトテニス好きはいるものです。

2時間ひたすら基本練習というコンセプトが、基礎から鍛え直したい私にはピッタリでした。

(翌日、全身が悲鳴をあげていたことは、言うまでもありません)

 

ソフトテニスに限った話ではありませんが、とくにマイナースポーツになればなるほど、ネットの情報がそこまで充実しておらず、それを求めている人まで届いていないように思います。

前述のmixiコミュニティも、mixi自体が一時期ほど活発に利用されてないため、現在は書き込みも少ない状況です。

今はそのユーザーがFacebookやTwitter、Lineなど他のSNSに流れていると思いますが、こうしたSNSは簡単に利用ができる一方で、どうしてもクローズドなネットワークであるがゆえ、そのサービスを利用している人にしか情報が届きません。

さらにそのSNS自体の人気が落ちていくと、そのコミュニティも下火になってしまうというデメリットがあります。

私自身も、手軽に始められるということで、今はFacebookで練習メンバーを募集していますが、そうした特定のSNSに依存しないオープンなネットワーク上でこうした募集活動ができるようなサービスを立ち上げたいと考えています。

いろいろと準備を進めていますが、構想が大きくなればなるほど、リリースまでに時間がかかってしまうため、まずはできる範囲で小さくスタートしながら、時間をかけて大きく育てていこうと思います。

 

こうして気軽に参加できるソフトテニスの練習会が、あちこちでもっと活発に開催されるようになれば、社会人プレイヤーが増えることにつながるはずです。

これまでIT業界で長年仕事してきた経験も生かして、そうした環境づくりをぜひ実現したいと思います。

 

もんちさん、ありがとうございました!

またお邪魔します!


コメントを残す

*投稿されたコメントは、管理者が承認したのちにサイトに掲載されます。