はじめてのミックスダブルス

所沢ミックスダブルス

来月4月1日(土)に開催される所沢ミックスオープンにエントリーしました。

今年で第6回を数えるこの大会は、男女混合のミックスダブルスで行われる大会です。

オープン大会ですので参加資格もとくになく、エントリーすれば誰でも出場できます。

所沢市ソフトテニス連盟

http://www.tokorozawa-sta.com/

 

大会のエントリーは郵送か、ラケットショップフジの各店でも受け付けています。

ラケットショップフジ

http://www.rsfuji.co.jp/

 

そんな大会があったのか! 出たい!

という方、3月17日必着ですので、今ならまだ間に合います!

 
 

10年以上も競技から離れていて、昨年復帰した私にとっては、昨年秋の所沢オープンに続く復帰第2戦となります。

自宅がある川崎からはやや遠いのですが、今シーズンから正式に所沢TC所属となった私にとっては、ホームの大会ともいえます。

無論、ミックスダブルスの試合に出るのは、これが初めてです。

 

今回ペアをお願いしたのは、かつて所沢TCで一緒に練習に励んだタケちゃんこと、竹澤さんです。

もう10数年も昔の話ですが、当時私が会社を辞めてしばらく無職だったこともあり、毎週土日祝日のすべてをソフトテニスの練習に費やしていました。

そのときに皆勤賞で毎回練習に付き合ってくれたのが、竹澤さんです。

現在は同じ埼玉県内のクラブチーム、上尾S.T.Cに所属しています。

所沢TC
最近の写真がなかったので、当時の写真ですがご了承ください。

 

私は当時ろくに仕事もせずにソフトテニスに没頭した結果、その年の埼玉県予選を通過し、初めて全日本社会人選手権に出場しました。

しかし、その翌年にはまた再就職を果たし、今思えばそこをピークにソフトテニスからすっかり遠ざかっていくことになります。

 

一方の竹澤さんは、そのあと女子の最高峰である皇后杯にも何度も出場し、埼玉県一般女子のランキングでなんと1位にまでなったことがあります!

私がその事実を知ったのはつい最近になってのことですが、一緒に練習していた仲間が長年に渡って大活躍していたことを知り、嬉しさもひとしおです。

 

そんな竹澤さんにペアを組んでもらえないかとお願いしたところ快諾していただき、今回のエントリーに至ったわけです。

 

え?

ペアの力で勝とうとしている?

いやいやいや、ソフトテニスは2人で一本。

肝心なのはペアワークです。

 
 

ローカル大会のミックスダブルスといえば、シニアを中心に和やかムードで行われる試合を勝手に想像していたのですが、どうやら聞くところによると年々参加者も増えて、現在は一般の強豪選手もエントリーされているそうです。

竹澤さんの力でなんとか勝てればと高をくくっていた私(図星)の、甘い考えは打ち砕かれます。

 

「まぁ、勝ちにいくというよりは、とにかく楽しみましょう」と、お互いに話をしていますが、やはりいざ試合となれば勝ちたくなるのが人情。

 

こうなれば、頭のなかのイメージだけは高いレベルに保つしかありません。

もちろん、そのイメージといえば昨年11月に行われたアジア選手権のミックスダブルスで金メダルを獲得した、船水(颯)・佐々木ペアです。

 

ミックスダブルス

 

ええ、無謀なのは重々わかっています。

あくまでイメージですから、想像するのは自由です。

 

過去記事:第8回 アジアソフトテニス選手権大会(2日目)

第8回 アジアソフトテニス選手権大会(2日目)

 

思えば、私のミックスダブルスに対する概念は、あのアジア選手権で覆されました。

 

個人的には、もともと前衛、後衛の役割分担がはっきりしていて、さまざまなゲーム展開が繰り広げられるのがソフトテニスの魅力だと思っています。

さらに男女でペアを組むことで、球威やプレースタイルの違いから、戦略の幅が広がるのもミックスダブルスの面白さです。

しかも、トップ選手たち同士のミックスダブルスは、あまりの大迫力でただただ圧倒されました。

 

はじめてのミックスダブルスで、しかも成年同士のペアが勢いのある一般選手を相手に勝てるほど甘いものではないでしょうが、せっかくの機会ですので、目一杯試合を楽しみたいと思います。

そんなこんなで、遠足の日を待ちきれない子供のように胸が高鳴ります。

 


コメントを残す

*投稿されたコメントは、管理者が承認したのちにサイトに掲載されます。