永遠の高校生たち

日大豊山高校ソフトテニス部OB

高校時代のテニス部仲間たちと久しぶりに飲み会がありました。

卒業して、はや20年余り。

ついこないだも同期会をした気がしていましたが、前回みんなと会ったのがもう3年前。

光陰矢の如し。

 

働き盛りでもあり、子育て世代でもある我々アラフォー世代。

同期6人全員が予定をあわせて集まるのはなかなか大変です。

 

今回は、地方転勤しているメンバーの東京出張のタイミングに合わせてなんとか全員集合。

新宿歌舞伎町一番街

 

LINEグループでは連絡を取り合っていたこともあってか、不思議と久しぶりな気がしません。

SNS全盛の時代にあって、なんとなくお互いの近況を把握しているので、ちょくちょく会っているかのような錯覚に陥ります。

 
 

高校を卒業してからもうすぐ四半世紀が経つというのに、学生時代の仲間というのはやっぱり変わらないものです。

 

白髪が増えてたり、太っていたり。

出世してたり、相変わらずだったり。

結婚してたり、子供ができたり。

離婚してたり、再婚してたり・・・。

それぞれには色々あっても、みなで会話をすれば一瞬であの頃に戻れます。

 
 
 

母校の日大豊山高校は、私たちの少し上の世代まで東京都でも4強の一角を占める強豪校でした。

もともと私も強い高校でソフトテニスがしたいと思いその門を叩きましたが、顧問の交代やそれに伴いスポーツ推薦がなくなったり、代わった先生が素人で練習もおざなりになったり。

さまざま要因が重なり、私たちの代では弱体の一途を辿っていました。

 

少し下の代から古豪復活して、一時期は豊山が東京都のトップに立った時期もありますが、私たちはまさにその狭間の世代。

自分たちのなかにも、「俺たちの頃のあれは、部活ではなくサークルだった」という自覚があります。

 

推薦入学の選手もいない私たちの代は、まさに雑草集団。

入部当初は30人近かった同期も、結局最後まで残ったのが6人。

下手くそで練習もいい加減でしたが、部活が大好きな奴らばかりでした。

 

たった1面しかないコートで貧弱なナイター照明のなか、毎日真っ暗になるまで練習していたものです。

練習といっても、その9割以上は乱打とジャンケンでペアを決めてゲームだけなのですが・・・。

 
 

その甲斐あってか、個人戦では関東大会出場。

団体でも予選でベスト8入りして、あと一歩でした。

今でも、あのときの関東出場がかかった5位決定戦のオーダーが正しかったか間違っていたかで、議論に花が咲きます。

 
 

高校時代の部活のことは、およそどんな些細なことも昨日のことのように覚えているのですが、今回言われるまですっかり忘れていたことがありました。

3年の最後のウェアを注文しにウィンザーラケットショップに行ったときに、当日来なかった人間のネーム刺繍にいたずらをしたという話。

 

ソフトテニスウェア,ヨネックス,日大豊山

ソフトテニスウェア,ヨネックス,日大豊山
(画像提供:よこうだ)

 

来なかった人の分は、すべて「〜ぞう」にして発注しました。

「いまにし → 今蔵」

「えんどう → 遠像」

「てらだ → 寺造」

 

しかも、なぜか字までそれぞれ変える凝りよう。

記念に残るチームウェアで、しかも親の金で買っているものに、一体なんということでしょう。

分別のつかない高校生の悪ガキたちのやることは危険です。

 

毎度しょうもないことをしていたことも、長いものに巻かれて「やめとけよ」と言えなかった小心者の部長(私)も、当時の気持ちがあれこれと思い起こされます。

 
 

毎日部活動に明け暮れてはいたものの、練習を早めに切り上げてはカラオケに行ったり、ゲーセンに行ったり、合コンしたり。

ちょっと風が強いと部室でトランプゲームにのめり込んだり。

仲間の家に集まっては、「Jリーグエキサイトステージ(スーパーファミコン)」で喧嘩するほど熱くなったり、毎回親父さんにご飯をご馳走になったり。

 

真面目なのか不真面目なのか、おそらく後者だったのでしょうが、楽しい仲間たちとの部活に熱中していたのは間違いありません。

 

【青春Photoシリーズ】

 
 

みんな、すっかりいいおっさんになりましたが、中身はそうそう変わらないものです。

日大豊山高校ソフトテニス部OB

 
 

10代の、それもたった3年間しか一緒に過ごしていないはずなのに、驚くくらいお互いのことをよく知っています。

それだけ濃密な時間だったのかもしれません。

文字どおり「同じ釜の飯を食った」仲間だからこそ、こうして生涯の友となりえます。

きっと60歳になっても、同じネタで爆笑していることでしょう。

 

大人になると、仕事や家庭でも何かとしがらみが増え、世間体や立場を気にしたりとありのままのピュアな自分でいられることが難しくなります。

いくつになってもおバカ丸出しな自分を、快く受け入れてくれる仲間がいることに深く感謝。

 
 
 

この日、6人の中からさらに選りすぐりの精鋭3バカで、終電なくなってまでカラオケで歌い狂い、精魂尽き果ててお開き。

 
 

いい歳こいてからの・・・

 

武蔵小杉

うれし恥ずかし朝帰り。

うーん、朝日がまぶしいっ!

 

たっぷりと元気補給させてもらいました(笑)。


コメントを残す

*投稿されたコメントは、管理者が承認したのちにサイトに掲載されます。