所沢TC忘年会

所沢テニスクラブ忘年会

12月3日(土)は、これまでにも幾度となくご紹介してきた所沢TCの忘年会でした。

この日は、昼間は自宅の近所で武蔵小杉ソフトテニス練習会を開催、夜は埼玉まで遠征して所沢TCの忘年会というダブルヘッダーです。

 

過去記事:所沢TC
http://softtennis-navi.com/blog/2016/09/0904tokorozawa-tc/

過去記事:練習会の目指す方向性
http://softtennis-navi.com/blog/2016/12/1204musako-04/

 

老体にはさすがにこたえますが、この歳になって思いもよらなかったソフトテニス漬けの毎日に、幸せすぎて恐縮です。

 

所沢テニスクラブ忘年会

 

所沢TCは、普段は西武新宿線の航空公園駅にある秋草学園短大のテニスコートを借りて練習をしています。

練習や試合の後の飲み会はだいたいその近所で開催されていますが、忘年会といえば定番なのが、所沢駅西口にあるプロペ通りです。

所沢駅もこの10年で見違えるように綺麗に生まれ変わりました。

しかし、このプロペ通りといえば、「若気の至り」では済まされないような学生時代の飲み会での失態の数々が、昨日のことのように思い出されます。

あれから20年、本当にあっと言う間です。

 

所沢テニスクラブ忘年会

 

忘年会は、所沢テニスクラブの設立メンバーでもあり、現会長の竹島さんの挨拶でスタートしました。

竹島さんは現在、所沢市ソフトテニス連盟の理事長も務めていらっしゃいます。

私が大学1年のときに、大学の学部対抗の大事な団体戦でペアを組ませていただき、散々泣かされた怖い先輩も今やすっかり丸くなり(あ、性格のほうですよ!)、私にとっては恩人としか言いようがありません。

今後とも、できの悪い後輩を可愛がっていただければ幸いです!

 

10年ぶりに参加したTCの忘年会は楽しすぎて、何度も体温急上昇と呼吸困難に見舞われました。

あまりに笑いすぎて、腹がよじれて耐えきれなくなりトイレに逃げ込んだ経験は、さすがの私もはじめてです。

 

社会人になると、いくら仲が良くても、どうしても会社内の上下関係や、取引先との利害関係などが絡んでどこかで一線を引いた付き合いが多くなってしまいます。

仕事における職位や立場、家庭環境など一切関係なく、こうやって昔からの馴染みの仲間たちが、学生時代と変わらぬ馬鹿話で盛り上がれるということがいかに幸せなことか。

なんだかんだと遠回りして今ここにいる自分にとっては、そのありがたみが身に染みすぎて、いくら感謝してもしきれません。

 

所沢テニスクラブ忘年会

 

(私だけ?)興奮のるつぼと化した忘年会は、2次会に場所を移してもその熱は冷めやりません。

 

この熱を文章で伝えるのはあまりにも困難ですので、ここでは割愛しますが、ちょっとでも興味がある方は、こちらの秘蔵映像でその一端を垣間見ることもできます。

飲み会のときにノリで撮ったなんでもない映像ですので、「見て損した」、「時間返せ」とならないように、あくまで興味のある方のみ、自己責任で視聴ください。

 

 
 

もうじき40歳になろうとしているオヤジが、こんだけピュアに楽しめるんですから、仲間って大事です。

 

それこそ学生時代であれば、勢いにまかせて困惑する周囲を朝までカラオケに付き合わせたり、ベロベロに酔っ払って駅のホームで寝っ転がったり、気づいたらパンツ脱げてたり、ろくでもないことになるところです。

でも、どんなに盛り上がろうとも2次会終了後にキチッと切り上げて、片道1時間ちょっとの電車を寝過ごすこともなく正気で自宅に帰るあたりが、この20年間における私の成長の証です。

 
 
 

翌日の日曜は練習日だったので、私もせっかくならと家の用事を何かと調整して、前半の2時間だけ参加させてもらいました。

よくよく考えると往復の電車の時間のほうが長い気もしますが、そんなことは気にしません。

 

所沢テニスクラブ忘年会

 

忘年会明けで、年内残り少ない練習ということもあってか、普段よりも参加人数はやや多めでした。

竹島さんの会社関係のお知り合いが参加されていたり。

所沢テニスクラブ忘年会

 

その竹島さんとは学生時代からのペアであり、マツカレも2連覇した所沢TCのエース前衛、梶井さんの息子がちょっと見ないうちに中学生になっていて、いっちょまえにしっかりしたボールを打っていて驚かされたり。

所沢テニスクラブ忘年会

 

一番びっくりしたのは、梶井さんが家庭菜園で育てた小松菜とルッコラをみんなに配っていて!

所沢テニスクラブ忘年会

 

その姿は、完全に趣味の領域を超えて、業者(農家?)そのものでした。

Facebookにちょくちょくアップされる投稿を通じて、梶井さんの素人離れした料理の腕前は存じ上げていましたが、野菜まで自分で作って・・・。しかも、このクオリティはなんなんですかっ!

一体、梶井さんはどこに向かっているのでしょうか・・・。

ちなみに梶井さんは超有名大企業にお勤めで、今は人事を担当されているそうです。

もともと建築設計の仕事をしていたこともあって、TCの友人が家を建てるときに自ら設計を担当されたり、さらにはTCのTシャツやらロゴ作成やらのデザインを担当されたり、とにかくマルチという言葉では言い表しきれません。

 

一体、天は何物を与えたら気が済むのでしょうか・・・?

今年私が目にした人のなかでは、日ハムの大谷についで驚愕でした。

 

所沢テニスクラブ忘年会

 

忘年会、その翌日の練習も通じて、昔から馴染みの仲間達、そして私がすっかりご無沙汰しているうちに加入してクラブを盛り立ててくれている若手メンバーたちとも交流させていただき、やはり自分のホームと呼べるクラブは、この所沢TCしかないと改めて痛感した次第です。

ソフトテニス競技への復帰を決めてから、やはり長く続けていくためには家から近いとこが良いかとも考え、あちこち近場のクラブを探し回っていましたが、結局自分は所沢TCの荒川だったようです。

 

今回竹島さんから根気よく誘っていただいたこともあり、ひとまず来年度は正式に所沢TCの一員として選手登録させていただき、埼玉県の大会を中心に試合にもエントリーしながら活動させていただくことにいたしました。

また数年先はどうなっているか分かりませんし、日頃の練習場所の確保や交友関係を広げるためにも、引き続きいろいろなクラブチームの練習にお邪魔させていただくとは思います。

目標はたくさんありますが、まずは全日本社会人選手権(成年の部)の県予選を勝ち抜き、また全国大会の舞台に立つということを最初の目標に据えて、これから練習に励みたいと思います。

 

また、あわせて所沢TCの広報担当としての大役も授かりました。

かつて、所沢TCのホームページ担当として、サイトの立ち上げや運用を担っていたことがあります。

当時は、まだmixiやFacebookのようなSNSは存在しておらず、しっかりとしたホームページを持っている社会人クラブも少なかったこともあり、そのサイトを通じて新たなメンバーとの出会いもたくさん生まれました。

 

今度は、そのときよりもさらにスケールをまして、せっかくなら所沢TCのみならず、埼玉県やその他地域における社会人クラブチーム全体を盛り立てていくようなことができないかと考えています。

また勝手に話をデカくする悪い癖が出てしまいますが、微力ながらソフトテニス界全体の発展に貢献できれば本望です(大真面目)!

 

こんな騒々しくて厚かましい男ですが、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

 
 

おまけ

 

所沢TC新任広報として、最初の仕事。

練習風景の動画を掲載しておきますので、「楽しそうだな」と思う方はぜひコートまで遊びにきてください。

 

12/4(日)練習風景 その1

  • 前衛ボレー練習

 

12/4(日)練習風景 その2

  • サーブ・レシーブ練習

 

もう一度、埼玉県や全国のクラブ戦で上位進出を目指して戦うためにも、新しい風を吹き込んでくれる仲間を随時募集します。

Webサイトは改めて作る予定ですが、それまでは所沢テニスクラブのFacebookページからご連絡ください。

 

所沢テニスクラブ(Facebookページ)

https://www.facebook.com/所沢テニスクラブ-1553842158190049/

 
 

自宅の外付けハードディスクの中身を整理していたら、昔つくったWebサイトのデータがでてきました。

懐かしいので、記録としてここに掲載しておきます。

 

所沢テニスクラブ(過去Webサイトアーカイブ*)

Webサイトの内容を表示

今あらためて見ると、案外ちゃんとしたサイトで、自分でもちょっとビックリ。。

当時の俺もきっと頑張ってたんだなぁ。。(しみじみ)

 

よし、今度のWebサイトはどんなのにしようか。

乞うご期待!


コメントを残す

*投稿されたコメントは、管理者が承認したのちにサイトに掲載されます。